オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2017年7月

接いだ苗を鉢に移植しました(中村農園トマト日記)

接木後数日経ち、接木苗は苗ハウスに移します。
そこでさらに数日管理し、十分根が張ったところで
床土を入れた鉢に移植します。

DSC_0095 (1)

接木をおこないました(中村農園トマト日記)

発芽したトマトの苗を接木しました。

病気に強い、栽培環境に合う、根の張りが良いなどの特徴を持った品種の根を使う『台木』と
食味が良い、収量が良いなどの特徴を持つ品種の地上部を使う『穂木』を接ぎ合わせ、
両種の特徴を持った苗を作ります。

台木の上部は切り、切り口にチューブを刺します。
CIMG2519

そのチューブに切った穂木の上部を刺します。
CIMG2516 IMG_20160909_161753

接いだ後は温度・湿度・光を制御した空間で数日管理し、外へ出します。
DSC_0062 (1)

切って、接いで、2品種の特徴をもった1つの苗ができる
接木はすごいなーと思います。

水稲の手入れを行いました。

田植えから3週間経ち、小さかった水稲の苗は成長し、
田全体が緑色に覆われてきました。

遠くから見るとわかりませんが、近づくとジャンボタニシに食害され、
苗が植わっていない部分が見られます。

ジャンボタニシは田植え後3週間程までの柔らかい苗を食べます。
食べられたままにしておくと、収量が落ちてしまうため、苗をつづりました。
1500302588475 1500302596689

 

海の日らしい快晴です。
写真で見ると、
きれいな青空・夏らしいモクモクの白い雲・稲の緑
とカラフルで、フォトジェニックですが、

30℃を超える気温の下、ぬかるむ水田で中腰での作業となる為、
作業負荷はかなり大きいです。

苗をつづるとともに、雑草も取り除いていきます。

片付けています。

台風3号の強風によって破れたビニールの片付け、倒れたトマトの片付けをおこなっています。
写真を撮る余裕がありませんでした。

ビニールはパイプに巻き付いており、また、雨に濡れて重たくなっています。
1本ずつみんなで剥がし片付けていますが、非常に時間がかかります。

トマトは倒れてしまっているので、誘引の紐を切るのにも、支柱を抜くのにも時間がかかりますが、
みんなで少しずつ片付けを進めています。

トマトが発芽しました(中村農園トマト日記)

台風直撃の当日に播種したトマトが発芽しました。

播種したときは台風の影響で停電しており、
暗い中播種を行いました。
播種の様子を写真に撮る余裕がありませんでしたが、
種を埋める深さを揃えて、均一に発芽するように心がけています。

播種後3日目には写真のように双葉が展開します。
まだまだトマトっぽさは感じられません。
DSC_0078[1]

順調に育っていきますように!!

台風3号がきました(中村農園トマト日記)

台風3号が直撃しました。

7月2日に沖縄沖で発生し、7月4日には熊本市に直撃しました。

速度が速く、発生から2日で上陸した為、あまり対策を施せませんでした。

強風は1時間ほどで止みましたが、
風でビニールが膨らみ、破れていく様子を見ている時間は非常に長く感じ、
「早く止んで!」と思ってました。

DSC_0076

 

風が止んだあとに各ハウス内を見回りましたが、
外から見た以上に被害は大きく、パイプは曲がったり、折れたり、
継ぎ目が外れたりしています。
トマトも風で倒されています。
自然の力の強さを痛感しました。
DSC_0129

 

この日は来作のトマトの1回目の播種の日でした。
播種を終えたあと、少しだけ破れたビニールや抜けたパイプの片付けを行いましたが
まだまだ、先は長そうです。

DSC_0108

一般消費者との交流会(中村農園トマト日記)

収穫体験を通じて少しでも農業を 身近に感じてもらおうと、
熊本農業高校の卒業生で組織する同窓会・天明南園会の企画で、
消費者との交流会が開催されました。
中村農園ではトマトの収穫体験、重量当て大会を行いました。

LINE_P20170709_105424704  LINE_P20170709_105257051
多くの方々に参加していただきました。

LINE_P20170709_105424715  LINE_P20170709_105424666
小さなお子様も参加しており、一生懸命トマトを収穫していました。
トマトが実っている様子、トマトの香り、ビニールハウス内の暑さなど初めて感じることも多かったと思います。

 

LINE_P20170709_105257029  LINE_P20170709_105256996
トマトの重量当て大会では500gを目指しました。
目方の近かった上位三名に景品が送られました。