オフィシャルブログ

日別アーカイブ: 2017年6月11日

トマトの摘心を行っています(中村農園トマト日記)

トマトの収穫は六月末を目安に終わります。
それまでに、株に果実が残り過ぎないよう、生長点を摘み取ります(摘心)。
また、この時期は果実が小さくなっており、摘心を行うことで果実肥大を促進させる効果もあります。

tekishin DSC_0015
一枚目の写真の赤く囲んだ部分に生長点がありました。
摘み取った芽の横にある花が最後の果実となります。

あまり早く摘心すると六月末までに果実がなくなってしまい出荷量が減ってしまいます。
一方、遅く摘心すると収穫できない果実がたくさん残ってしまいます。
果実の熟れ方は天候に大きく左右されるため、梅雨の天気、株の状態を考慮して摘心時期を決めます。

摘心を行うと、収穫も終わりに近づいてきたことを感じます。